今までもたまに作っていたものの、レシピが確立できてなかったんです。

最近、フードプロセッサーを買ったこともあり、あらためて餃子と真剣に向き合いました。



これが今んとこ最強の餃子レシピです!
まさに決定版!




ポイントは玉ねぎですね。

ウチの嫁さん家は玉ねぎメインの餃子なんですよ。キャベツも白菜も使わない。

珍しいですよね?

それを少しだけ受け継いで、玉ねぎを入れています。

(2016.10.20少し改定しました:塩・砂糖・干ししいたけをプラス)
 
材料
・餃子の皮 40枚(モランボンのもち粉入りがオススメ)

・豚ひき肉 250g
・キャベツ 1/4個
・玉ねぎ 中1個
・ニラ 1/2束

・醤油 大さじ1
・塩 小さじ1/2
・砂糖 小さじ1/2
・オイスターソース 大さじ1
・紹興酒 小さじ1(なければお酒)
・ごま油 小さじ2
・鶏ガラスープの素 小さじ1
・ニンニク 1かけ
・しょうが ニンニクの1.5倍 
・こしょう 適当
 
・干ししいたけ 2枚(←お店の味になります)
  

以上!

1.ひき肉に調味料を全て入れて、よく練ります。
ニンニク、しょうがはすりおろしてくださいねー

干ししいたけを入れる場合は、少量の水で戻してみじん切りにして入れます。

調味料は肉によく吸わせるのがポイント



2.玉ねぎ、キャベツ、ニラを細かく刻む

特に玉ねぎやキャベツはフードプロセッサーがあると便利!



3.1で作った餡に野菜を全て混ぜる

さっくりと簡単に混ぜる程度で。あんまり捏ねると水分が出すぎてしまいます。



4.冷蔵庫で少しねかせる

寝かせると餡が扱いやすくなります。


5.餡を皮につつむ



6.焼いて出来上がり!

焼き方のポイント

ずーっと強火で!

以下、手順です
・ごま油をひき、餃子を並べる
・焦げ目がつくまで焼く
   (この段階で8割がた焦げ目をつける)
・お湯を入れフタをする
・パチパチと音がし水分がなくなってきたら、フタをあけごま油をたらす。
・フライパンをゆすって水分を飛ばす
・フライパンより一回り小さな皿をのせ、ひっくり返し皿にのせる!完成!



玉ねぎの甘みが美味しくてクセになりまーす!いくらでも食べちゃいますね。

餃子の日はいつも満腹、、、

ビールと餃子だけあれば、あとは何もいらないですね〜

最後の晩餐は?と聞かれたら、間違いなくビールと餃子でしょう。


てなわけで、ぜひお試しください。


こちらの本もかなり参考になります。


d