サラリーマンの皆様。

最近、急に

生産性を上げろだとか
残業はするなだとか

言われ始めていませんか?

時代ってのは急に変わるもんなんですね。やっぱり。

ということで仕事の生産性を上げるための方法を3つご紹介します。

仕事の細かなやり方ではなく、スケジュール論です


根底にある考えは

午前中のゴールデンタイムをとにかく大事にする

です。


午前中の脳は
しっかり目覚めており、かつ、まだまだ元気。

よって、午前中にいかにいい仕事をするかがポイントです。

というよりも午前中しかいい仕事はできないと考えてください。


①午前中は考える仕事を優先

午前中は脳がメッチャ元気!
ここでは考える仕事をします。
新しい仕事もいいですね。

・企画書の作成
・業務改善案の作成

こういう考えなきゃできない仕事って、ついつい後回しにしがちです。

でも午後のぼーっとした頭で考えても、全く進まないんですね。

なので、朝一番に気合を入れて、取り組みましょう。


②会議は午後に設定する

とにかく、午前中のゴールデンタイムを邪魔されたくない!

ということで、会議は午後に設定します。周囲の人にも「会議は午後」と呪文のようにつぶやき続けましょう。

そのうち、周りにも段々浸透してきます。



午前中で集中力を使い、昼ごはんを食べて眠くなり…

午後の脳は急速に疲れてきます。


疲れているときでも会議には対応できます。話すことで脳に刺激も与えられますし。




③午後の辛い時間は作業にあてる

午後の時間の使い方。会議がないときは、ひたすら作業です。

ルーチン業務。メールチェック・返信。
午前中に作った企画書の手直し。

などなど。

頭よりも手を動かす仕事をやりましょう。午後のイマイチな頭でも対応できますね。


午後に新しい仕事をやろうとすると
頭がはたらかず、いい案が出ない。
そのうち定時時間が近づいてくる
明日にまわす
でも明日も絶対やらない


ということで、新しいことがいつまで経ってもできません。。。


とにかく勝負は午前中。


以上、3つのことを守ってみてください。それだけで、効率は上がりますから。
絶対に。



d